トップ > ショート・ショート > 訪問販売

次へ
第7話        訪問販売
 
 恵子は冷蔵庫を新しく購入したばかりだったのに、冷蔵庫の訪問
販売と聞いて、好奇心を押さえられなかった。
 あんなに大きくて重い製品を訪問販売で売るなんて、どうやって
るんだろう。
 玄関先で、セールスマンの誘いにはっきりとした返事ができない
ままでいたら、セールスマンの助手たちは、どんどん、冷蔵庫を運
び込んできた。さして広くもない玄関の床に、大型冷蔵庫が3台も
並んだ。
 「奥さん、すみません、電源をお借りしてよろしいですか。説明
 の間だけですので。」
 セールスマンの声は穏やかで、にくめない人柄だった。
 3台の冷蔵庫のコードがコンセントにつながれた。
 恵子の家の冷蔵庫は、つい、数日前に壊れたため、急いで、電気
屋で買って来たものだった。いつもなら、電化製品を買うときは、
何度かお店に足を運び、カタログを集めて、十分吟味している。そ
うして、納得のいく製品を安く買うことが、恵子のだんなさんにとっ
ては、楽しみの一つであった。それなのに、今回の冷蔵庫だけは、
ほとんど吟味できず、最近の冷蔵庫の一般的な傾向も知らないし、
購入した冷蔵庫が、他の冷蔵庫とどこが違うのかもわかっていない。
 恵子は別に、そのことにこだわらないのだが、それでも、なんと
なく、寂しいことだった。購入した後とはいえ、最近の冷蔵庫の特
徴を私が頭に入れて、だんなさんが帰ってきたら、説明してみせよ
うと恵子は考えた。だんなさんの驚く顔が目に浮かび、ふふふと笑
顔がこぼれた。
 セールスマンが初めに説明したのは、恵子の家て購入した製品だっ
た。そのことは、恵子は黙っていた。
 「真ん中に野菜室がありまして、これは、腰をかがめずに取り出
 せるのがとても便利てすよね。」とセールスマン。
 開けた野菜室にはたくさんの野菜が入っていた。説明するだけな
のに、本物の野菜が入っているなんて驚きだった。野菜室だけでは
ない。次々に開ける扉の中は、ぎっしりと食料品がつまっていた。
 「私どもは、実際に使っているかたちで製品を見ていただくこと
 にしていますから。」と、セールマンは説明した。
 2台目は、幅が広くて扉が観音開きになっていた。大きくてたく
さん入るのはいいけれど、置き場所に困るなと思った。
 3台目は、扉が半透明だった。
 「こちらの扉を開けますと、上が大型冷凍庫になっています。ま
 た、その下の扉を開けますと、この中にも冷凍庫があります。」
 なんと、二重扉になっていて金庫みたいだった。それぞれの冷凍
庫は、冷凍食品がぎっしり詰まっている。冷凍の魚を入れた発砲ス
チロールの箱がそのまま、びっちりと詰め込んであった。こんな使
い方、変だわ。それにしても、扉の半透明というのは珍しい。こん
なの見たことないなあと手を伸ばすと、「ああ、どうぞ、しばらく
使ってみて下さい。わが社の訪問販売は実際に使っていただくこと
にしていますから。ご利用になった食料品については、わが社の規
定料金にて請求させていただきますので。では。」とセールスマン
は言った。
 「この扉、ぶよぶよした薄いプラスチックだけど、こんなので冷
 たさを閉じ込めることができるの?」
 恵子の質問に返事は返って来なかった。セールスマンは、もう、
玄関を出ていたのだ。恵子があわてて外に出ると、もうトラックの
エンジン音が遠ざかるだけだった。
 「まあ、数日のことならいいか。」と恵子はあわてずに玄関に入っ
て、特に3台目の冷蔵庫をまた眺めた。
 しかし、静かになってみると、冷蔵庫が3台も並んでいるとけっ
こううるさい。そういえば、家庭で一番電力消費量の多いのが冷蔵
庫だったような気がする。使いもしない食料品を冷やすために電気
を無駄に使うのはもったいないと思った。
 「わが社の規定料金にて請求」って言ってたけど、法外に高い料
金だったら嫌だし、使いたくもない。かといって、電源を切ってお
いたら、痛んでしまって、これも料金請求される恐れがある。これ
は困ったわとだんなさんの顔を思い浮かべて、ちょっと後悔した。
 夕方、だんなさんは玄関に入るなり、「おおっ」と声をあげた。
そりゃそうだろう。恵子の説明を聞いて、「こんなの早く引き取っ
てもらうほうがいいよ。おれが電話するから。」とだんなさん。
 しかし、恵子の手元には、何の資料もないのだった。会社の名前
も電話番号もわからない。仕方ないから、数日後に引き取りに来る
のを待つことにした。
 ところが、何日経っても引き取りに来ないし、何の連絡もない。
3台の冷蔵庫は勝手に処分するわけにもいかないし、電気を食って
ばかりで場所ふさぎで迷惑千万。こんな販売方法で、冷蔵庫が売れ
るとは思えないが、それでも根負けして買う人がいるのかなあ。
 恵子は絶対買わないと決意していた。
 おいおい。
                            LM



前のページへ

ショート・ショートのメニューへ

次のページへ