トップ > わが家のOASYS > TOWNSほか

次へ
OASYS・TOWNS・QY

わが家の歴代OASYS、TOWNSほかの記念館です。
キーボードはもちろん親指シフト
マウスカーソルをのせると、MS−DOS画面などに変わります。
(動いているソフトはKUROGAMです)

クリックで拡大
KUROGAM起動画面
OASYS30AFIII
クリックで拡大
KUROGAM起動画面
OASYS30AX401
FDDのゴムベルト交換
カセットメカのゴムベルト交換
クリックで拡大
25ゲームタイトル画面
小型OASYS Pocket3
AF,AF2を見送って、1988年ついに買ったAF3。親指シフトに大満足でした。ニフティでパソコン通信を始めたり、MS-DOSや日本語プログラミング言語Mind、OASYS-BASICを動かしたりして遊びました。別売の筆記体フォントがきれいでした。プリンタの多用で故障しましたが、自分で交換すると半額です。 AF3のあとAXシリーズに変わり、その最後がAX401。システムがROMになり、起動も動作も速くなりました。メモリカードスロットが2つついて、OASYSとDOSの両方で使えます。Mindのコンパイルが速くて快適でした。OASYS製造中止を受けて、念のため、ディスクドライブを購入して2つとも交換しておきましたが、結局、故障しました。 Pocketシリーズもこれが最後のPocket3。メモリカードスロットを2つ持ち、カードでOASYSともTOWNSともデータ交換できます。DOSも動きます。PC-PRプリンタにもつなげました。落として液晶を割ってしまったことがありました。
閉じたところ
OASYS30LXII
ビンゴゲーム画面
OASYS30LX4500
ブルーメタリック塗装
OASYS30LXB150
AF3とほぼ同時期のラップトップ型。DOSは動きません。プリンタとディスクドライブが故障し、自分で交換しました。 カラー表示でタッチパネル付きです。DOSも動くので、25ゲームのタッチパネル対応もしました。これに慣れるとほかのOASYSでもつい画面をつついてしまいます。 安くなったので、サブ機として購入。AX401との併用でマルチタスク(?)も実現。ホワイトの外観が黄ばんできたので、ブルーメタリックに塗装しました。

「わが家のOASYS」にもどる

番 外 編
PB700単体
PB700&FA10
CASIO




FMTOWNS−Marty
FUJITSU

FMTOWNS model SN
ポケコン(ポケットコンピュータ)、ハンドヘルドコンピュータという時代がありました。エプソンのHC-20が欲しかったけれど高かったので、プロッタプリンタとマイクロカセットに合体させるタイプのポケコンPB700を買いました。本体の性能より、2倍以上のプリンタ幅と4色カラー印刷でライバルのシャープに差をつけていました。 TOWNSプレーヤーとして発売されたMartyは、TOWNSのソフトを動かして、TVにつないで遊ぶゲームマシンです。KUROGAMのビデオ録りなどにも使いました。最近、FDDのゴムベルト不良で故障しましたが、秋葉原の千石電商で同等品を見つけて交換しました。商品名は下記。210円。
平ベルト 186×0.4×2.8mm FDD用
TOWNSのラップトップ版です。モノクロ液晶が普通の時代に、TFT液晶ですから、高級品でした。しかも、店頭に並ぶことのなかったレアものです。後ろにビデオ出力がついているのでTVにつなげます。残念ながら、入手したものは親指シフトキーボードではありませんでした。

FM TOWNS II

わが家のTOWNS







TOWNSのキーボード

FMTOWNS UX20

FMTOWNS FreshET
一体式でかわいくまとまっていました。キーボード別売り(\30000)なので、中古のFMR用親指シフトキーボード(\10000)を入手。ニフティ画面での「猫の手スクロール」が読みやすかったです。OASYSで作ったDOSアプリの画面の配色を確認するのにも役立ちました。
JISキーボードモデルが安売りされてたので購入。数年後、中古の親指シフトキーボードを \1000で入手したときは、時代の変化を感じました。キャノンのバブルジェットブリンタで写真はがき作りを始めました。

 しかし、キーボードを交換するだけで、親指シフトに変身するのはありがたいですね。

当時のTOWNS専門誌「Oh! FM-TOWNS」の表紙を飾ったYasukaさんの絵
FMTOWNS UX20 FMTOWNS FreshET FMTOWNS model SN
Copyright(C) Yasuka

「わが家のOASYS」にもどる

VHSテープサイズのミュージックシーケンサー
わが家のOASYS1へ
YAMAHA QY8

QY22

QY70
五線譜に音符を貼り付けていくタイプでありながら、音の長さをカーソルキーで延ばせるので、入力がとても楽です。
MIDI規格には足りませんが、音色データも含めてMIDIファイルに出力できます。曲途中でのテンポ変更ができないのが玉にきず。
MIDI規格(GM)のシーケンサー。ミニキーボードはあるけれど、QY8で入力して転送し、アレンジします。が、キーボードでドラムやヘリコプターや波の音などを演奏するのもおもしろいです。
曲途中でのテンポ変更も音色チェンジも可能ですが、MIDIファイルに出力できません。
MIDI規格(XG)のシーケンサー。パソコンとつないでMIDIファイルの入出力ができるので、QY8で作ったMIDIファイルはもちろん、ネット上の様々なMIDIファイルも演奏できます。入力もパソコン上のMIDIソフトの方が楽です。
 リズム、ベース、コード2つのプリセット4パートと、編集できる4パート。 QY8と同じく8パート。 編集できる16パートと、プリセット4パート。
リズムは50種類×6バリエーション。 リズムは100種類×6バリエーション。 リズムは128種類×6バリエーション。
音色は40種。ドラム1セット(音色58種) 音色は128種。ドラム8セット(1セットの音色は128種。重複あり)。 音色は519種。ドラム20セット(1セットの音色は128種。重複あり)。
テストモード
[-1]+[+1]+[UNDO]を押しながら電源ON
続けて[-1]を押すと、テスト項目の選択 。[UNDO]を押すと終了。
Ver1.06
テストモード
[-1]+[+1]+[→] を押しながら電源ON
**QY22 TEST**
ROM Ver=1.00
テストモード
[SONG]+[PATT]+[>>] を押しながら電源ON
**QY70 TEST**
MAIN ROM Ver=1.10
SUB CPU Ver=1.00
※テストモードの利用は、自己責任でお願いします。
※QY 内の重要なデータは必ずバックアップをとってください。操作によってはデータが失われます。
QY10
電源ON 時に[MENU]+[Enter]+[▲](OctUp) を押す
QY10 TEST V1.50
QY20
[-1]+[+1]+[→] を押しながら電源ON
**QY20 TEST**
ROM Ver=1.C0
CPU Ver=1.00
QY100
[AMPSIMULATOR]+[PARAMETER]+[SONG] を押しながら電源ON
*QY100 TEST*
MAIN ROM Ver=1.03
SUB CPU Ver=1.00
QY700
[SONG]+[UTYLITY]+[DISK]を押しながら電源ON
CPU ROM Ver=0.90
MAIN ROM Ver=1.05
SUB CPU Ver=1.00

[OctDown]+[OctUp]+[F#/Gb] でオールメモリークリア
QY300
[SONG]+[PHRASE]+[DISK] を押しながら電源ON
**QY300TEST**
ROM Ver=1.02

[OctDown]+[OctUp]+[F#/Gb]でオールメモリークリア
QR10
[VARIATION]+[E]+[PHRASE1]+[PHRASE2] を押しながら電源ON
V107

「わが家のOASYS」にもどる

接点復活剤の使い方 & 導電性ゴムにアルミを貼る
ミュージックシーケンサーQYなどのボタンは、シリコンに導電性ゴムや塗料を貼り付けたものと、基板が触れてスイッチが入るようになってます。この導電性ゴムの部分が減ってくると軽く押しただけではスイッチが入らなくなりますが、接触を良くするだけで直る場合もあります。

そこで接点復活剤を使うのですが、左側(復活王)は接点に保護膜を作るので、コネクタやジャック、ボリュームなどには使えても、今回のような接点に使うと、なお、悪くなります。
右側(洗浄剤)は接点に付着している油脂、カーボン、ほこりなどを洗い流すため、どこにでも使えます。
ただし、接点洗浄剤は、名の通り「洗浄」するだけなので、錆びやほこりを防いではくれません。

根本的に接点を復活させるためには、導電性ゴムの部分を修復するしかありません。このために使える技が、コンタクトペンと呼ばれる導電性塗料を塗布するペンです。通販でしか入手できないようですが、送料がかかるので1本2000円くらいはします。

あと、導電性ゴムの形に切ったアルミホイルを貼り付けると良いそうですが、酷使に耐えられるのか心配です。TVリモコン程度なら使えそうですが、ミュージックシーケンサーではちょっと使いたくありません。

もう一つ、デッサン用の6Bとか9Bとかの鉛筆で導電性ゴムの部分にごしごし書くのも、皮膜を落とし、導電性を回復するのに効果的だそうですが、そんな鉛筆を手に入れてません。黒鉛がちゃんとくっついたままなのか疑問です。
導電性ゴムにアルミを貼る

 左のように書きましたが、ついに、どのボタンも反応しなくなり、クリーニングも限界なので、アルミホイル貼りをやってみました。両面テープをアルミホイルに貼ってから導電性ゴムの形に切り抜いたものを貼り付けました。効果は絶大です。

「わが家のOASYS」にもどる

FDDのゴムベルト交換
YAMAHA midiデータファイラー
MDF2のFDD
QY8やQY22のデータをFDに保存したり、FDのSMFデータを演奏したりする装置です。 側面にFDDがついていますが、これがTOWNS-MartyのFDDと同じくベルト駆動なもので、ゴムベルトが伸びて故障しました。 開けてみると、FDDはTOWNS-Martyのものと同じです。裏側にベルトが見えて交換しやすい構造です。ゴムベルトはMartyの修理のときにいっしょに買った下記のものをつけました。ちょっと小さいです。
平ベルト 180×0.4×2.2mm FDD用
OASYS
30AX401のFDD
初期のワープロ30AF3のFDDはダイレクトドライブのモーターなのでゴムベルトはなく、経年変化に強いです。
しかし、30AX401の頃は安価なベルト駆動のものになっているので、やはり、ゴムベルトが伸びて故障します。
開けてみると、ゴムベルトが内部に収まっていてほとんど見えません。交換には、FDD自体をかなり分解しないといけないようです。
上面を覆っているディスクガイドをはずします。
まず、上下2箇所についているバネを飛ばさないようにはずします。この図で短いバネが上、長いバネが下なので取り付けのとき間違わないようにします。
次に、図の1〜4の順に、外枠を外側に広げながらディスクガイドを上に引くと1箇所ずつはずれていきます。
ベルトはモーターの3本ある足のうち1番の足をまたいでいるので、モーターを完全にはずさないと取り付けられません。1〜3のネジをはずし、モーターの下からベルトをかけ、再度モーターをネジ止めします。
そのあと、ベルトを図のようにかけます。
ディスクガイドを取り付けるときは、ヘッドを軽く持ち上げてガイド右端をヘッドの下に入れてから、最初の4箇所を逆順にはめていきます。
たぶん、ベルトサイズは、Martyと同じ下記のものか、ちょっと大きいくらいではないかと想像します。
平ベルト 186×0.4×2.8mm FDD用 (千石電商)   Panasonic純正 EME213用 FDDベルト(ヤフオク)
ベルトサイズは、円周×厚さ×幅(mm)

「わが家のOASYS」にもどる

カセットメカのゴムベルト交換
SONY
パーソナルオーディオシステム
ZS-6
バブルの時代にメーカーが多くの開発費をかけて製品化したCD&ダブルラジカセ。「バブルラジカセ」と呼ぶそうです。
カセットが動かなくなりました。
中を開けたら、メイン基板とカセットメカの基板をつなぐ小さな基板@を青矢印の方向に引いてはずします。
(写真のメイン基板には、外部スピーカージャックが取り付けてあるので余分なコードが見えてます)
フィルム状のコード@は基板のソケットに差し込んであるだけなので、まっすぐ引き抜きます。Aのスピーカー室とのパッキンもはずします。左右にあるBのネジをはずすとカセット部分がそっくり取り出せます。
取り出したカセット部分
@とAのフィルム状のコードを引き抜いて、B〜Fまでの
ネジをはずせば、基板が手前に開いてメカが見えてきます。
ゴムベルトを写真のようにかけます。モーターに
は、@とAのネジをはずしてベルトをかけます。
ゴムベルトは、角ベルト幅1mm、直径65mm程度のを使いました。60〜70mmくらいで良さそうです。ネットでいろんなサイズ30本入り(560円)を買いました。



トップにもどる