トップ > 親指シフトキーボード(Windows)

次へ
親指シフトキーボード
NICOLA配列キーボード/Windows用

 JISかな配列における使用頻度を無視した「かな」の配列、ローマ字入力における動きにくい小指の多用や一字2打鍵などに不満はありませんか。
 そもそも、日本語なのに、ローマ字入力をする屈辱を感じないでしょうか。
 日本語には日本語入力のしやすいキーボードが必要です。
 富士通が開発し、日本語入力コンソーシアムが普及に努める「NICOLA配列キーボード」は、日本語を「考えるままに、指がしゃべるように」入力できるキーボードです。

 

 現在、Windows用PS2キーボード、USBキーボードが発売されているほか、JISキーボードのままで、親指シフト環境を擬似的に実現するソフト「Japanist」や「やまぶきR」も提供されています。
Japanistは、富士通(株)製のIME
やまぶきRは、yamaさん作のフリーソフト(win7対応)

かなの入力方法
 ◆下側に刻字されている「かな」→文字キー単独で打鍵する
 ◆上側に刻字されている「かな」→文字キーと同じ側の親指キーを同時打鍵する
 ◆濁音(が,ざ,だ,ば,等) →文字キーと反対側の親指キーを同時打鍵する
 ◆半濁音(ぱ,ぴ,ぷ,ぺ,ぽ)→シフトキーを押しながら文字キーを打鍵する
                 または、親指左キーと文字キーを同時打鍵する

Windows用親指シフトキーボードOASYS用に切り替える
右クリックで保存し、A4横用紙に印刷すると、ほぼ実物大になります。指を置いてご利用下さい。
Windows用親指シフトキーボードの絵
注)ローマ字入力に関してはJIS配列キーボードと同じ操作です。
指のポジションをわかりやすくするため、色分けしています。
指の使用率(右図)

 下の段のキーはほとんど使わずに、半分以上がホームポジションで打てるように配置されています。

間違っても気にならない

 ホームポジション右小指のすぐ隣に後退キーがあります。訂正が楽なので、打鍵ミスが気になりません。打鍵速度が遅くてもいいのです。気楽にタッチタイピングできるのが親指シフトキーボードの利点です。
 私は1988年にOASYS30AF3で親指シフトキーボードを使い始めて以来、現在も自宅ではJapanist2003+PS2親指シフトキーボード、職場ではやまぶきRで106/109日本語キーボードを親指シフト環境にして使っています
このページの画像は日本語入力コンソーシアム事務局の資料をもとに作成しました。



日本語入力コンソーシアム
参加企業
アスキー、アップルコンピュータ、内田洋行、エーピーラボ、サニコン、三洋電機、ソニー、デジタルウェイブ、日本アイビーエム、PFU、ヒューマンインターフェース、富士通、松下電器産業、リュウド
リンク

日本語入力コンソーシアム

親指シフト・キーボードを普及させる会


トップにもどる