トップ > フリーソフト博物館「KUROGAM」 > バイオリズム診断 BIO

==========================================================================
【 ソフト名 】 バイオリズム診断  v1.30
【 著作権者 】 LM(くろさわ)
【 対応機種 】 FMTOWNS2,OASYS(MS-DOS),MARTY
【 動作確認 】 FMTOWNS2,FMR,OASYS30AF3,30AX401,MARTY
【 実行環境 】 GDS.SYS の登録が必要。
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【 転載条件 】 転載は連絡下さい。
==========================================================================

 ■□■□■ バ イ オ リ ズ ム の 解 説 ■□■□■

(詳しくは "BIO-PSI.TXT" を参照)

 人間の体の中には誕生したときから、100種類以上の周期的リズムが動いていま
す。その中の一つがバイオリズムで、今から約90年ほど前にベルリン大学の耳鼻科
教授だったフリーズ博士が初めて発見しました。
 バイオリズムは、身体(P)、感情(S)、知性(I)の三つから構成されていま
す。各リズムとも、エネルギーの発散が盛んな充実期(+)とパワーを補給する休養
期(−)があります。
 要注意日は、プラスからマイナスへ、マイナスからプラスへと移る日です。


【プログラムの特徴】

 ◆バイオリズムグラフを表示・印刷します。
 ◆要注意日を一覧表示、バイオリズム解説のコラムを5つ表示します。
 ◆日を指定すれば「診断」します。
  〔実行〕のみ押していれば、自然と「今日の診断」に行き着きます。
 ◆マウス操作に対応。
 ◆誕生日を指定したバッチファイルから起動できます。


【起動オプション】

 ◆画面のドットに応じたオプション
   30AF3など ...... A>BIO [実行]
   30SX ............ A>BIO 24[実行]
   100シリーズ ......... A>BIO 25[実行]
   FMR60など ...... A>BIO 30[実行]
   冗談 ................ A>BIO 8 [実行]
 ◆マウス操作 ............ A>BIO /M[実行]
 ◆グラフ線を細く......... A>BIO /H[実行]
 ◆誕生日のオプション .... A>BIO 1958,5,11 [実行]

 ※ 実行には、GDS.SYSの組み込みが必要です。CONFIG.SYSに
    DEVICE=GDS.SYS
   の一行を付け加えてください。


【履歴】

  v1.00 バイオリズムグラフの表示、印刷
  v1.11 バイオリズム診断
  v1.15 24ドット画面対応テスト版
  v1.18 24ドット(8ドット)画面対応、連続印刷
  v1.20 誕生日を起動オプションに
  v1.24 要注意日の表示、バイオリズムのコラム、カーソル表示抑止
     曜日と経過日数の表示
  v1.24b 診断で、月の日数を越えた日付の入力禁止
  v1.25 マーティ用マウス操作
  v1.26 グラフ線を太くする。(オプション/Hで細く)
  v1.27 マウスON時でも、キー入力可能
  v1.28 マウスON時のキー入力を改良
  v1.29 誕生日を起動オプションにした場合、診断まで自動的にいく。
  v1.30 マウスクリックの二重読みをやめる。(高速タウンズのため)
     マウスON時のメッセージ追加。

 LM http://alma.la.coocan.jp/

もどる