トップ > 里山 > 妙義山からのパノラマ

次へ

妙義山からのパノラマ

白雲山、金洞山、金鶏山を中心とした一帯を表妙義と呼び、丁須の頭などを裏妙義と呼んでいます。
どちらも非常に急峻で複雑な地形をしています。

クリックで自動スクロール
白雲山の見晴から北側のパノラマ
クリックで自動スクロール
金洞山の中之岳から北側のパノラマ
妙義山パノラマパークから、白雲山を見上げる
山頂の尾根、左から金洞山、バラ尾根、相馬岳、天狗岩、大のぞき、玉石、見晴
黒塗りの妙義神社から出発 関東ふれあいの道の鉄階段から鷹戻しを見上げる

クリックで拡大
白雲山・奥の院のクサリ場を登って振り返る
白雲山・大のぞきから下りるクサリ場
クリックで拡大
 
白雲山・天狗岩から、大のぞきと玉石を振り返る
白雲山・大のぞきから見た天狗岩
白雲山・天狗岩から見た相馬岳
白雲山・相馬岳から見た金洞山
クリックで拡大
登山マップ
 ・白雲山(はくうんざん) 1104m
 ・金洞山(こんどうさん) 1094m
 ・丁須の頭(ちょうすのかしら) 1057m
 ・浅間山(あさまやま) 2568m

   ※ 鷹戻し・鷹返し、両方の呼び方があります


鷹戻しのクサリ場から撮影

クリックで拡大
 
堀切方面から鷹戻しを見上げる 

 
クリックで拡大
鷹戻しの最初のはしご
鷹戻しの最後のクサリ場

クリックで拡大
鷹戻しから相馬岳
右岩壁の札のところから下へクサリ場が続く
鷹戻しの岩壁のクサリ
クリックで拡大

金洞山・東岳から見た鷹戻しと相馬岳
金洞山・鷹戻し方面から見た東岳
クリックで拡大
クリックで拡大
金洞山・中之岳へ続く稜線から東岳を振り返る
金洞山・東岳から見た中之岳と西岳
東岳からクサリで下りて赤点の稜線を進む
金洞山・中之岳の祠
左下のクサリで、下の写真へ
金洞山から見た石門群と大砲岩
クリックで拡大

中之岳山頂への2段のクサリ場
(中之岳神社に続く登山道)
中之岳神社の後ろにそびえる轟岩の頂にも登れる
   
  2本の杉が切られてました、、、
 


前のページへ

里山のメニューへ

次のページへ