トップ > フリーソフト博物館「KUROGAM」 > ESC/P用テキスト印刷 EP

============================================================================
【 ソフト名 】 ESC/P用テキスト印刷(両面&袋とじ等) “EP” v1.07a
【 著作権者 】 LM(くろさわ)
【 対応OS 】 MS-DOS(WindowsのMS-DOSプロンプト、要ESC/Pプリンタドライバ組込み)
【 動作確認 】 FMV-DESKPOWER,OASYS30AX401,POCKET3,FMTOWNS2 & CanonBJC610JW
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【 転載条件 】 転載は連絡下さい。
============================================================================

 通信ログ、フリーソフトウェアのドキュメントなどのDOSテキストをESC/P
モードのプリンターで印刷するためのソフトです。

(1)印刷

            B5縦両面印刷の場合のメニュー
   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  ■                                  ■
  ■ 印刷ファイル  EP.SRC                      ■
  ■ 開始ページ   1                         ■
  ■ 終了ページ   0  (0:最終ページ)               ■
  ■ 用紙      3  1.B4縦 2.A4縦 3.B5縦 4.A5縦 5.葉書縦   ■
  ■            6.B4横 7.A4横 8.B5横 9.A5横 10.葉書横   ■
  ■ 行間隔     50  35〜110(1/10mm)              ■
  ■ 1ページ行数  46  1〜47 行                  ■
  ■ 文字間隔    38  35〜110(1/10mm)              ■
  ■ 1行文字数   80  1〜82 字                  ■
  ■ 上余白     0   0〜48 行                  ■
  ■ 左余白     10  0〜91 桁( 19 mm)             ■
  ■ タブ幅     8   0〜8 桁                  ■
  ■ 行末      1  1.切り捨て    2.折り返し          ■
  ■ ヘッダ     3  1.なし 2.ページ 3.ファイル名+頁 4.日付+ファイル+頁  ■
  ■ フッタ     1  1.なし 2.ページ 3.ファイル名+頁 4.ファイル+頁+日付  ■
  ■ 横書/縦書   1  1.横書 2.縦書 3.縦書(組文字)        ■
  ■ 印刷形式    2  1.標準 2.両面 3.袋とじ           ■
  ■  偶数頁ヘッダ  1  1.左  2.右                 ■
  ■  印刷順    1  1.奇数頁から  2.偶数頁から         ■
  ■ 印刷不可領域  上+下= 11 左+右= 7  (mm)           ■
  ■                                  ■
   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  ◆メニュー項目の説明
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   印刷ファイル  印刷を指定したファイル名(ワイルドカード有効)

   開始ページ   改頁コードや改頁文字列、または指定した行数ごとにページ数
           をカウントし、このページから印刷を開始します。
           行末の処理でページ数は変わります。

   終了ページ   0を指定すると最終ページまで印刷します。

   用紙      用紙を指定。プリンターの用紙設定はユーザーがして下さい。
           用紙番号を変更すると、*の項目には、用紙に応じた設定値
           が自動的に代入されます。

  *行間隔     指定範囲は3.5〜11.0mmですが、入力は10倍にして行います。
           行間隔によって自動的に最大行数が変更されます。

   1ページ行数  1ページに印刷する行数を指定します。他の設定の影響を受
           けて、最大行数は変わります。

  *文字間隔    指定範囲は3.5〜11.0mmですが、0.3mm間隔で受け付けます。
           入力は10倍にして行います。文字間隔によって自動的に1行
           の最大字数が変わります。

   1行文字数   1行に印刷する文字数を指定します。他の設定の影響を受け
           て、最大文字数は変わります。

  *上余白     ヘッダを印刷する場合は、ヘッダと1行目までの間隔を行数で指
           定します。ヘッダを印刷しない場合は、印刷不可能領域上端か
           らの行数です。行間によって余白は変わります。

  *左余白     印刷不可能領域左端から何文字分の余白をとるか指定します。
           参考に余白をmmに換算していますが、これには印刷不可能領
           域幅は含まれていないので注意して下さい。文字間隔によっ
           て余白は変わります。

   タブ幅     タブを空白に変換する場合の桁数を指定します。

   行末      指定した1行文字数より長い行を切り捨てるか、折り返す
           か指定します。折り返すと行数をカウントします。

  *ヘッダ     通常、右上端に印刷します。ヘッダを指定すると、最大行数が
           2行減ります。
           (ヘッダは常に出来るかぎり用紙上端に印刷します。)

  *フッタ     ファイル名は左下、ページ数は中央、日付は右下に印刷します。
           フッタを指定すると、最大行数が2行減ります。
           (1ページ行数に関係なく、フッタは常に出来るかぎり用紙
            下端に印刷します。もし、フッタが用紙に納まらない場合、
            印刷不可領域上下の値を大きくして調整して下さい。)

   横書/縦書   文字の印字方向を指定。縦書(組文字)は、半角2文字を横
           並びにします。

   印刷形式    1.標準印刷 2.両面印刷 3.袋とじ印刷を指定します。

    偶数頁ヘッダ  両面印刷と袋とじ印刷の場合の偶数ページのヘッダを左上にす
           るか、奇数ページと同じ右上にするか指定します。

    印刷順    両面印刷の場合だけ表示されます。奇数ページと偶数ページの
           どちらから印刷を開始するか指定します。

    右頁開始桁  袋とじ印刷の場合だけ表示されます。推奨桁が自動的に代入
           されますが、試し刷りをして調整して下さい。指定範囲は、
           [左ページ字数 + 4]〜[推奨桁]〜[最大字数]のように表示し
           ています。

   印刷不可領域  プリンター固有の印刷不可能領域を指定します。この値によって、
           字数や行数の自動設定をしています。もし、自動設定で印刷
           がうまくいかない場合、ここの値を変更して下さい。
           また、特殊なサイズの用紙の場合は、この値を変更した設定
           ファイル(*.CFG)を作れば自動設定が使えます。

  ◆起動方法
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   EP 〔リターン〕 または、
   EP [/E設定ファイル名 /Wn /P /F] 印刷ファイル名 〔リターン〕

   オプション
    /Eファイル名 設定ファイル(*.CFG)を指定します。".CFG"は省略可能です。
    /Wn    両面・袋とじ印刷時の偶数(右)頁開始桁の自動設定値を微調整
         (n=0〜6)します。デフォルトで/W3を指定しています。
         印刷メニューでも変更できます。
    /P    印刷文書中の改頁コード(0Ch)を有効にし、用紙を排出します。
         デフォルトでは改頁コードを無視します。
    /P文字列 印刷文書中の改頁文字列を指定します。文字列は行頭に単独で、
         記述して下さい。文字列は印字せず、空行を作ります。
    /F    富士通FMマシンで使用する場合に指定します。

  ◆設定ファイルについて
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   設定ファイルは、各種設定データを記録したファイルです。
   EP.COM終了時に自動的に"EP.CFG"という設定ファイルが作られるので、気に入っ
   た設定ファイルはリネイムして保存し、次の起動時に指定して下さい。
   指定がなければ、下記の順に設定ファイルを探します。
   (1)印刷ファイルと同一パス内の "印刷ファイル名.EPC"
   (2)カレントディレクトリの "EP.CFG"
   (3)印刷ファイルと同一パス内の "EP.CFG"
   (4)設定ファイルがないか、ファイル異常のときは、標準設定します。

  ◆キー操作
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   実行(リターン) 印刷開始
   終了(ESC)  今の設定を"EP.CFG"に保存して終了(印刷中は印刷中断)
   Q     設定を保存せずに終了
   タブ    用紙に応じた初期値代入(用紙を変更したときと同じ)
   上&左カーソル 上の項目に移動(データ入力中は、左カーソルは後退)
   下&右カーソル 下の項目に移動
   数字キー   データ入力
   後退    入力したデータを1字消す

  ※印刷実行前の確認メッセージに対し、[実行(リターン)]を押すとプリンタ初期化後印刷開
   始します。初期化すると、印字色などプリンタで設定した項目もクリアされます。
   クリアしたくないときは、[タブ]または、[空白]を押して下さい。
   これ以外のキーを押すと印刷を中止します。

  ◆OASYSでの利用
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   起動ディスクに添付の"MSPRNE.SYS"をコピーし、CONFIG.SYSに次の一行を追加し
   て下さい。
   DEVICE=MSPRNE.SYS


(2)桁合わせのためのプリンタ制御コードを送る

    EP [オプション] 〔リターン〕

    EP /   初期化          広い
    EP /M  標準ANK(12CPI)  字間 ↑
    EP /S  縮小ANK(10CPI)     ↓
    EP /SS  縮小ANK(12CPI)     狭い
    EP /A4  A4縦フォーマット
    EP /B5  B5縦フォーマット
    EP /Ln  左余白(n=0〜30桁)
    EP /Fn  行間(n=4〜11mm)

  ※印刷ファイル名をつけると、制御コードを送ったあと、TYPE [印刷ファイル] >PRN と同
   じ動作をします。(メニューは表示しません)   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(3)ヘルプ

    EP 〔リターン〕〔リターン〕

  ※簡単にオプションなどの説明を表示します。


 ・----------・
 | 終わりに |
 ・----------・

 EPの行数・字数の自動設定は、プリンタにより多少違いがあるかもしれません。
 本印刷の前に必ずテスト印刷をして下さい。


【履歴】

 v0.10 オプションでESCP制御コード出力。
 v0.20 ANK→半角漢字処理。印刷メニューで書式設定。
 v0.30 行数、字数自動設定。NEC98,DOS/V対応(/V)。
 v0.40 両面印刷。カラー化。ヘッダ・フッタ調整。
 v0.50 袋とじ印刷。印刷不可能領域。
 v0.60 行末処理。右頁開始桁オプション(/Wn)。
 v0.70 タブを空白に展開。設定ファイル指定オプション(/E***)。
 v0.80 A5用紙追加。
 v0.90 両面印刷時に偶数頁から印刷可。印刷中止。
 v1.00 TAB幅可変。改頁オプション(/P***)。"*.ENV"→"*.CFG"。
     最大行数を正確に求める。
 v1.01 上、左余白制限拡大。排紙バグフィクス。
 v1.02 縦書き。縦書き(半角組文字)。オプションエラーで終了。
 v1.03a 特定テキスト専用書式(*.EPC)有効。
     設定ファイル(*.CFG)の指定で、".CFG"の入力省略可能。
     組文字で括弧記号を除外。
 v1.03b 2頁途中で終わる文書を両面印刷するときのバグフィクス。
 v1.04 ワイルドカード無効(1.03a)のバグフィクス。
     設定ファイルが指定されたとき、ファイル内容を検査。
 v1.05 ヘッダの日付にも西暦を入れる。
     コマンド名のみの入力のとき、オプション入力を促す。
 v1.05a 両面印刷で、1頁のみの印刷時のバグフィクス。
 v1.05b 両面印刷でワイルドカード指定したとき、前のファイルの最
     後の奇数頁の裏面に次のファイルが印刷されるバグフィクス。
 v1.06 両面印刷で最後の奇数頁の裏面が印刷されないときでも、用
     紙を排出するようにした。
 v1.06a レジューム起動で「右頁開始桁」が初期化されるバグフィクス。
 v1.07 反転色はDOS/Vを標準にする。(FMシリーズ指定 /F)
 v1.07a オプションをつけて起動した後、印刷ファイル名を指定可能。

 LM http://alma.la.coocan.jp/

もどる