トップ > フリーソフト博物館「KUROGAM」 > ランダム表示 CAST


==========================================================================
【 ソフト名 】 ランダム表示「CAST」 v1.35
【 著作権者 】 LM
【 対応OS 】 Windows,Windows7
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【 起 動 】 マイコンピュータから CAST.EXEをダブルクリックしてください
【 梱包ファイル 】 CAST.EXE  CAST.TXT  CAST.HTM  CAST.BRD
        かけ算九九.BRD  わり算九九.BRD  ビンゴ英数.BRD
        ビンゴ数.BRD  1から10フォルダ  chimes2.wav
【 インストール 】 適当なフォルダを作り、上記のファイルを解凍してください
【 アンインストール 】 フォルダごと削除するだけです
【 転載条件 】 転載は連絡ください
==========================================================================

◆特長

  「CAST」は、データファイルに記述された名前や九九の問題、ビンゴ数
 字などの文字列や画像をランダムに、もれなく、表示していくソフトです。
  スライドショーと違い、基本データは文字列なのでデータの準備が楽です。
 また、問題と答えの2枚のカードをセットにしたままのランダム表示や、途中
 で終わっても次のときに続きからできるところもCASTの特長です。
  ウィンドウサイズは横600ピクセルから画面最大まで自由に変えられます。
 ・教室で生徒を指名するときに公平にもれなく指名できます。
 ・九九カードや計算カードの問題と答えをもたつかずに提示できます。
 ・ビンゴゲームの当たり数字を画面に表示できます。残り数字もわかります。
 ・データ編集枠にささっと数字等を入力すれば、簡単に「くじ」になります。
 ・問題や答えを画像(png,gif,bmp,jpg)にして提示することもできます。
  (画像を大きく表示するには、表示板の高さを拡大してください)

◆使い方

 起動すると、前回使用したデータの続きがスタンバイされています。
 ボタン等について解説します。
 ----------------------------------------------------------------------
 「次へ」or [Enter]...次の文字列、または画像を表示
 「順番リセット」.....表示順をリセットして最初にもどす
 「前へ」.............一つ前の文字列、または画像を表示
 「問題にもどる」.....答えを表示中に、再度問題の表示にもどる
 「終了」or [Esc].....CASTを終了
            (途中であれば、表示順を保存してから終了)
 ----------------------------------------------------------------------
 「表示秒」...........自動表示の間隔を秒で指定
 「ストップ」.........自動表示を止める
 「自動で次へ」.......決められた秒数を待って自動的に次を表示
 ----------------------------------------------------------------------
 「フォント選択」.....表示フォントを選択
 「スクロール」.......スクロールして表示
 「sf」.............シャッフル表示をしてから次を表示
 「音1」.............表示時にポン音(標準)を鳴らす
 「音2」.............表示時にチャイム音(標準)を鳴らす
 「答え」.............表示データに答えがあれば問題の次に表示
 「答音」.............答えを表示するときにポーン音を鳴らす
 「文字色」...........表示板の文字色を選択
 「背景色」...........表示板の背景色を選択
 ----------------------------------------------------------------------
 「ランダム」.........残りデータをランダムに表示(通常)
 「上から」...........残りデータを上から順に表示
 「下から」...........残りデータを下から順に表示
 「重複」.............表示されたデータを除外せず、常に全データから選択
            (同じデータが続くこともある)
 「答→問」...........答えが付属するデータの場合、問と答を交換する
 ----------------------------------------------------------------------
 「データ編集枠」.....クリックで文字が濃くなり、編集可
            データをダブルクリックするとすぐに表示
 「▲」「▼」.........編集枠と文字サイズを拡大、縮小
 「データ読込」.......初めて使用、または表示データを変更
 「データ適用」.......データ編集枠内の文字列を表示用として適用
 「データ保存」.......データ編集枠内のデータを保存
 「S」「×」.........スポット表示用の入力枠表示、非表示
 「スポット入力枠」...ダブルクリックするとすぐに表示(ENTERでも可)
 ----------------------------------------------------------------------
 「CAST ** (C) LM」...バージョン文字をクリックすると解説を表示
 「データ表示板」.....クリックすると表示色を反転
            ダブルクリックで文字色、背景色をリセット
            右クリックメニューで、太字、斜体等を設定
 「さん」.............表示板下の敬称をクリックして切り替える
 「クリア」...........表示板の文字列や画像を消去
 「▼」「▲」.........表示板を拡大・縮小(残り数字やメニューは隠れる)
 「M」「N」.........表示板の拡大時、メニューと残り数字の表示を選択
 「残り数字一覧」.....ダブルクリックすると、出た数字を消すモード(青)
            と表示するモード(赤)の変更
            右クリックメニューで、モード変更や残り数字一覧
            のグラフ表示ON/OFFを選択
 ----------------------------------------------------------------------
 ※「上から」「下から」と「重複あり」を指定すると、「前へ」ボタンが表れ、
  データ順の通りに進んだりもどったりできます。

◆表示データについて

 表示データファイルはテキストファイルです。
 ・データ1件の長さは全角10字までで1件ごとに改行します。全角10字を
  越える長さの行はコメント行とみなします。但し、答え付加を示す「==」が
  入ったデータでは全角21字まで読み込みます。
 ・1ファイルのデータ数は標準100件までですが、最高1000件まで利用可能で
  す。100件を越える場合の残り数字一覧はグラフ表示を目安にします。
 ・答えは問題のあとに「==」をつけて付加します。(例 5×8==40)
  この場合、問題を表示したあと、次のクリックで答えを表示します。
 ・画像(png,gif,bmp,jpg)を使うにはファイル名(半角20字まで)を書きます。
  (例1 file名.png==40  例2 file名.gif==file名.gif)

  

◆表示順ファイルについて

 表示順ファイルは続きデータや設定を保存したテキストファイルです。
 ・一度でも「次へ」が押された場合に、次回にその続きから表示するため、終
  了時やデータ切り替え時に自動的に保存されます。
 ・表示データファイル名(******.BRD)の拡張子を'.DAT'に変えたものが表示順
  ファイル名になります。
 ・スクロールや音、フォント名、文字色などの設定も保存しています。
 ・表示データが修正されてデータ数が変わった場合などは、表示順は無効とな
  り新規に作り直されます。

◆WAVファイルについて

 CASTで使用する効果音のWAVファイルは、cast.iniで指定できます。
 一度、CASTを実行すると、cast.iniが作られるので、メモ帳などで編集し
 て、CASTを起動するフォルダにあるWAVファイルを指定してください。
 (例)C:\CAST\cast.brd...............前回利用した表示データファイル名
    一般の警告音,音1ファイル名....Windowsで設定されているサウンド
    chimes.wav,音2ファイル名......標準でchimes.wavを鳴らします
    ding.wav,答音ファイル名........標準でding.wavを鳴らします

◆起動オプション

 cast /s /a
  /s 最小サイズで起動する
  /a 欧文フォントを有効にする(全角文字が文字化けします)

◆梱包ファイルについて

 CAST.EXE      実行ファイル
 CAST.TXT      解説ファイル(TEXT)
 CAST.HTM      CASTから表示する解説ファイル(HTML)
 CAST.BRD      表示データのサンプルファイル
 ビンゴ英数.BRD   ビンゴの1〜75までの数字(英字付き)
 ビンゴ数.BRD    ビンゴの1〜75までの数字
 かけ算九九.BRD   九九カード100問
 わり算九九.BRD   九九1回で解けるわり算カード72問(あまりなし)
 1から10     1から10までの数図カード画像を収めたフォルダ
 chimes2.wav    効果音のサンプル

  

◆改訂履歴

 v0.10 新規作成。名前や九九の問題、ビンゴ数字等をランダム表示する。
 v0.20 自動表示モードを追加して公開。
 v0.30 表示フォント選択。表示板をクリックすると表示色を反転する。
     表示文字色と背景色を選択。文字色やフォント等を記録。
 v0.40 問題の次に答えを表示可能。添付の表示データに答えを付加。
 v0.41 答えの表示を修正。自動表示中の「次へ」クリックを修正。
 v0.42 答えを表示後、再度問題の表示にもどれる。敬称選択。
 v0.43 CASTの解説を表示。表示順ファイルの保存を修正。
 v0.44 実行中は編集枠の文字を薄くする。
 v0.50 bmp,jpg画像を表示できる。表示板の縦幅変更。
 v0.51 データ読込みや保存時等のリセット動作を修正。
 v0.52 表示中の文字列等を消すボタン追加。ウィンドウ拡縮を修正。
 v0.53 続きデータの書式変更。答え表示時に音を鳴らすことができる。
     (以前の続きデータは使用できません)
 v0.54 Enterキーで次のデータを表示。
 v0.60 gif画像を表示できる。
 v0.70 png画像を表示できる。
     データ編集中は編集枠を拡大。「コピー」等の編集用ボタン追加。
 v0.71 データのランダム表示に「重複あり」を選択可。
     編集枠の自動拡大を止め、拡大縮小ボタンを追加。
     データ編集枠内でダブルクリックしたデータをすぐに表示する。
 v0.72 ファイル記録時エラー処理追加。データ枠のマウスカーソル変更。
 v0.73 データ編集中の編集枠を横に拡大、文字サイズも拡大。
 v0.74 表示板のちらつきを防止し、スクロールをなめらかにした。
 v0.75 編集中の編集枠をウィンドウサイズに合わせる。スクロール修正。
 v0.76 3種類の音のファイルをcast.iniで指定できるようにした。
 v0.77 「あと○回」にマウスをのせたら「重複あり」の案内をする。
 v0.78 gif,png画像利用時の「問題にもどる」を修正。
 v0.79 表示板を縦に拡大・縮小する「▼」「▲」ボタンを追加。
 v0.80 ダブルクリックで表示した場合も「問題にもどる」が有効。
 v0.90 Windows7のウィンドウスタイルに合わせる。
 v0.91 文字数が少ない場合、表示板の高さに合わせてフォントを拡大。
 v0.92 表示秒の設定を修正。
 v1.00 シャッフル表示を追加。自動表示間隔に「0」(0.3秒間隔)を追加。
 v1.01 シャッフル表示、画像表示を修正。
 v1.10 「上から」「下から」表示を追加。問と答を交換できる。
     「重複」のチェックボタンを追加。
 v1.11 「自動で次へ」でも、シャッフル指定が有効。
 v1.12 プログレスバーをゲージに交換。
 v1.13 スポット表示追加。(文字列を入力して即座に表示)
     続きデータの保存と読み込みを修正。
 v1.14 データのダブルクリック表示とスポット表示を修正。
 v1.15 データ編集枠のサイズ変更を修正。
 v1.16 表示板の拡大サイズを2段階にして広げた。
 v1.17 表示板の拡縮ボタンを増やす。拡大時のボタンを修正。
     残りゼロの続きデータを読んだらリセットする。
 v1.18 表示板最大時でも「自動で次へ」ボタン表示。
 v1.20 残り数字の表示について、出た数字を消していくモードに加え、
     表示していくモードを追加。
 v1.21 上から下から表示で重複ありの場合、「前へ」で逆順にもどる。
 v1.22 「ランダム」「重複」「答→問」等も続きデータに記録。
 v1.23 読み込むデータの長さ制限を全角8字から10字に拡大。
 v1.24 表示したデータの番号を「○回目」の右に表示する。
 v1.24a BOARD.COMの続きデータ(BOARD.DAT)にも対応。
 v1.25 リセットしたとき、表示画像を消去。
 v1.26 フォントリストから欧文フォントを削除。
     起動オプション /s /aを公開。
 v1.27 表示板に、反転、太字、斜体等の右クリックメニューをつけた。
 v1.28 "cast.ini"が記録できなかったとき、エラー表示して終了する。
 v1.29 残り数字の表示方法を右クリックメニューで選択できる。
 v1.30 表示板を拡大したとき、メニューと残数字の表示を選択できる。
     続きデータに、拡大時の表示モードを記録。
 v1.31 画面上の文字を「中125%」に拡大している場合に対応。
     メニュー非表示で重複ありのときの「前へ」ボタン表示を修正。
     メニュー等非表示のときのフォーム縦最小サイズを小さくした。
 v1.32 manifestをリソースに含めた。"cast.exe.manifest"は不要。
 v1.33 データ編集枠を拡大中の右クリックメニューを修正。
 v1.34 表示ファイルのデータ数の上限を100から1000に増やした。
     1000まで表示できる残り数字一覧グラフを追加。
 v1.35 スクロール調整。


 LM  http://alma.la.coocan.jp/

もどる